乾燥による肌あれ、小じわをハーブエキスたっぷりの美容成分が潤す化粧水。
たっぷりの美容成分が乾いたお肌を吸いつくほどふっくら しっとり柔らかに整えます。




  • ランキング1

スキンローション(乾燥肌/330ml)

価格: ¥5,400 (税込)
[ポイント還元 54ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

お客様の声

S.T様 投稿日:2017年09月29日
おすすめ度:
アレルギーが出ないので、顔だけでなく全身の保湿にも使っています。

お店からのコメント

S.T様、コメントいただきましてありがとうございます。

乾燥による肌あれや小じわを、ハーブエキスたっぷりの美容成分が潤す化粧水になっています。
たっぷりの美容成分が乾いたお肌を吸いつくほどふっくら しっとり柔らかに整えます。
もちろん、安心して全身にお使いいただけます。

T.M様 投稿日:2017年05月15日
おすすめ度:
ローションのみのシンプルなお手入れが気に入っています。

お店からのコメント

T・M様
コメントありがとうございます。

乾燥が特に気になる時は、コットンか市販のローション用パックシートにスキンローションMF107をたっぷりしみこませ、お肌を5分~10分ほどパックしてください。

hkg様 投稿日:2017年01月23日
おすすめ度:
さらさらとしたテクスチャーで使い心地はさっぱりなのに、肌にたっぷりつけるとお肌がみるみるモッチモチになっていくところが気に入っています。
本当に乳液やクリームなしでもしっかり潤うので驚きました。

お店からのコメント

hkg様、早速のレビュー投稿ありがとうございます。

ハーブエキスたっぷりの美容成分が、お肌を潤す化粧水としてご好評いただいております。
美容成分が乾いたお肌を吸いつくほどふっくら・しっとり柔らかに整えてくれるので、これ以降のスキンケアは必要ないですよね。

もっと見る

【特徴】
10種類の天然ハーブエキスにイザヨイバラエキス、スイカズラエキス、カッコンエキスを加え、さらに天然うるおい成分(ポリグルタミン酸、ヒアルロン酸、アミノ酸誘導体)を配合。吸いつくような美肌作りをお手伝いします。R2のスキンローションは角質層にとってもっとも大切な保水力をコントロールし、保湿しながらお肌を守ります。乾性肌用のスキンローションMF107は、年齢や外的ストレスでカラカラに乾いたお肌をふっくらとキメの整ったお肌に導きます。

【使用方法】
リセット洗顔のあと、コットンまたは手のひらにたっぷりとローションをとり、お顔に充分パッティングしてください。少量でさらっと顔を撫でるようにつけるのではなく、通常より多めにとって優しくパッティングしてあげることが大切です。コットンをご使用になる場合の一度の使用量は500円玉二個分、手のひらをお使いになる場合はスプーン大さじ一杯を目安にしてください。肌がもっちりとするまで何度も繰り返します。一度パッティングしたあと数分おいて、2度3度と重ね付けてみてください。かさつくところだけ重ね付けても構いません。そのあとクリームや乳液は必要ありません。乾燥が特に気になる方はコットンか市販のローション用パックシートにスキンローションMF107をたっぷりしみこませ、お肌を5分~10分ほどパックしてください。

[配合全分]
水、BG、エタノール、グリセリン、PCA-Na、アロエベラエキス-1、ポリグルタミン酸、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、グリチルリチン酸2K、アラントイン、スイカズラエキス、イザヨイバラエキス、カッコンエキス、クロレラエキス、アルニカエキス、オトギリソウエキス、カミツレエキス、シナノキエキス、スギナエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、トウキンセンカエキス、褐藻エキス、尿素、乳酸Na、セリン、ソルビトール、水酸化K、メチルパラベン、エチルパラベン


ハーブエキスたっぷりの美容成分が潤す化粧水。


お肌に、手のひらに吸いつくまで、何度も重ねづけ

①洗顔後、若しくは角質ケア後、時間を置かずにお肌に付けてください。適量を手に取り、手のひらで包み込むようにしてお顔全体になじませます。
②お肌が手のひらに吸い付く感触になるまで、何度か繰り返してなじませます。
③2~3分後、乾燥を感じるところがあれば、重点的に重ねづけしてください。その後の乳液やクリームなどは必要ありません

スタッフブログ

師走になり、
皆さんも
年末の
忙しい日々が
続いていることと
思います。

店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※土日・祝日は定休日とさせていただきます。
12月29日より1月3日までお休みとさせていただきます。

メルマガ登録

モバイルサイト

お肌のしくみ

スタッフブログ
 

ページトップへ