スタッフブログ

【R2】秋にも花粉症?!気が付きにくい「秋の花粉症」

こんばんは。
いつもご愛用ありがとうございます。
R2自然派基礎化粧品オンラインショップ担当の阿部です。


10月も半ばに入りましたが、
なかなか気温の安定しない日が続いています。


冷たい雨が降ったかと思うと、
真夏日のような日差しが照り付けたり。


『一雨一度(ひとあめいちど)』


…って言葉をご存知ですか?


一回の降雨ごとに
気温が1度下がり、
秋が深まっていく様子を
指す言葉なんです。


日本には、


「秋の雨」


…を表す言葉がたくさんあります。



〇秋湿り(あきしめり)…秋の長雨のこと。


〇秋黴雨(あきついり)…梅雨のように降り続く秋の長雨のことで、
「秋入梅」とも表します。

〇秋霖(しゅうりん)…こちらも秋に長く降り続く雨のこと。


一口に「秋の雨」と言っても、
さまざまな降り方があります。

そして雨の名前も、

〇降り方

〇降る時期

〇時間帯

〇季節

…によっても、
さまざまな呼び名で呼ばれているんですね。


冷たい「秋の雨」も
楽しめそうですね。


--- ☆目次☆ ----------------------------


【1】知らなかった「秋の花粉症」

【2】風邪?それって花粉症かも?

【3】秋も花粉症にご用心!!
       早めの対策と受診を

【4】編集後記


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 【1】知らなかった「秋の花粉症」



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


今や国民病とも称される


●『花粉症』



「春先の病気」というイメージが
強いかもしれません。



記録的な猛暑となった今年の夏。



日照時間も平年を大きく上回り、


●スキ゛

●ヒノキ


…の、雄花の生育に
適した条件であったため、
すでに来年の春は花粉の大量飛散が
予想されています。


同じように、
秋にも

●ブタクサ

●ヨモギ


…などの、
キク科の花粉などが
多く飛散し、


「秋の花粉症」


…の症状に
悩まされる人も多いんです。



しかし、
夏から秋にかけての
季節の変わり目は、
風邪をひきやすく
カゼの症状と思いこんで
しまう人も多いんだそうです。


症状の違いを見極めて、
早めの対処や受診が必要です。


そこで今週は、

●「秋の花粉症」

…の症状や
対策方法について
ご紹介したいと思います。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



  【2】風邪?それって花粉症かも?



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「秋の花粉症」の原因


●ブタクサ

●ヨモギ


…の、主な生育場所は、


・道端

・公園

・河川敷


…などの、身近な場所が多く、
背丈が低いため、
飛散距離は


●数十~数百メートル程度


…で、通常あまり
広範囲には飛散しません。


ただ、
このような場所で
遊んでいる子供には、
特に強いアレルギー症状が出る危険性が
あるので注意が必要です。


では、

「秋の花粉症」

と、


「風邪」


…の違いを見てみましょう。


♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*

<秋の花粉症>

・鼻水がサラサラで垂れてくる

・鼻づまりがひどい

・目のかゆみや痛みがある

・くしゃみが止まらない

・発熱はない、もしくは微熱である

・晴れた日に症状が強く現れる

・これらの症状は昼間よりも朝晩にひどくなりやすい


♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*

<風邪>

・鼻水が黄色く粘りがある

・目のかゆみや痛みがない

・のどの痛みがある

・高熱が出る

・天候と症状に関係がない

・特に症状の出やすい時間帯はない


♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*

目のかゆみが
強く症状にあらわれることが
多いそうで、
私もここ何週間かは
アイメイクが出来ないほどです。


眠っている間に
目を掻いてしまっているようで、
目の周りの皮膚はかぶれて、
朝には目やにで
目が開かない日もあります。


花粉症用の目薬を
さしています。


ひどくなる前に、
花粉症の兆候があった時は
すぐに病院を受診し、
薬を服用する事も必要です。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



  【3】秋も花粉症にご用心!!
       早めの対策と受診を



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

では、
どんな対策をすれば、
ひどい症状を防げるのでしょうか?


基本的に、
春の花粉症と同じで



┏━┓
┃☆┃外出を控えめに
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・花粉の飛散の多い日は
特に注意が必要。

1日のうち飛散の多い時間帯

・午後1時~3時頃《注:地域によって差があります》

…の外出も
なるべく控えましょう。



┏━┓
┃☆┃外出時は完全防備
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・帽子
・メガネ
・マスク

…などを身につけましょう。

私も、
サングラスとマスクは
必須アイテムです。


┏━┓
┃☆┃外出したら、洗顔やうがいを
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・身に着けているものはもちろん、
体に付いた花粉も
きちんと洗い流しましょう。




┏━┓
┃☆┃洗濯物、布団にも注意を
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・洗濯物や布団を外に干して
よく花粉を落とさないと、
寝ている間に症状を悪化させることがあります。




┏━┓
┃☆┃掃除はこまめに
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・室内にもかなりの花粉が侵入していますので
こまめに掃除をしましょう。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



  【4】編集後記



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

花粉の飛散ピークは9月。

関東は飛散時期が長く
11月まで続くこともあります。

気になる症状がある場合は
早めに受診をして、
短い秋を楽しく過ごしましょう!!


最後まで
お読みいただき
ありがとうございます。


R2自然派基礎化粧品 阿部

コメントする

名前

URL

コメント

スタッフブログ


 冬のおうちdeエステを
   プレゼントキャンペーンのお知らせです♪

店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • キャンペーン

※土日・祝日は定休日とさせていただきます。
年末年始は12月28日より1月3日までお休みとさせていただきます。

メルマガ登録

モバイルサイト

お肌のしくみ

スタッフブログ
 

ページトップへ